かすかべ MUSICA・PIACERE ブログ

埼玉県春日部市を中心に活動を行う吹奏楽団のブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月30日 たまにはカタい話を

2013.12.01 (Sun)
練習お疲れ様でした。

今日はポップスを中心に練習しました。

はち切れそうな高音部、テンポも速く難しいリズム、まだまだ消化出来ない部分が沢山あります。

年内の吹き納めも発表されました。

今年の練習回数は残りわずかですが、各自出来るものはどんどんクリアしていきましょう!



「市音」…吹奏楽に携わる方でしたら、誰もがご存知かと思います。

ちょうど昨日、大阪市音楽団の非営利型一般社団法人化が可決されました。

来年4月から市の所属を独立します。

大阪市音楽団は、日本で唯一、自治体が直営する(1934年~)プロ吹奏楽団としてその名を馳せています。

普段は市役所に勤める公務員の方々の集まりです。

しかしながら、公演や地域のレッスンなどは無料で行われることが多く、それらに伴うお金は公費として市が負担していたため、多大な赤字を招き続けていました。

そこで、大阪市の橋本徹市長は「市が直に抱えていく必要はない。」「必ずしも教育が吹奏楽である必要はあるか。」などとして、市の直営を廃止する動きを見せました。

これに対し、どうにか廃止にするまいとして、長い間、団員を含め多くの方が存続に力を注ぎました。

かなり割愛していますが、そこで昨日に至った訳です。

でも、どうなんですかね~。

一概にどちらが正しい!とは言えないと思います。(橋本市長の言い分もごもっともだとは思っています。)

もちろん、大阪市音楽団の演奏は天下一品、十分集客力のある団体です。

そこにあるものは音楽だけではなく、学校では学べない教育も絶対に存在していることでしょう。

僕は「市が直営する非営利の団体」でありながら、あの演奏、そして全国にボランティア的な立場として素晴らしい吹奏楽を発信していた点に魅力を抱いていたのですが…。

とは言っても、大阪市音楽団がなくなる訳ではありませんから、とりあえず安心しました。

長くなりましたが、皆さんはどの様な意見をお持ちでしょうか。

まだ演奏を聴いたことのない方、存在自体を知らなかった方はぜひ一度聴いてみて下さい。

きっと、惹き込まれる演奏に出会えるはずです。

Tromboy RYO


クリックお願いします!

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。